父の日画像

体調や好みに合わせた父の日ギフトの選び方

結婚してから毎年父の日には、実家の父と婚家の父に贈り物をしています。
二人ともお酒が好きなのでお酒を贈るときが多いですが、ギフトを贈るときには少し気を付けていることもあるのでここにその点をご紹介したいと思います。
まず、二人ともお酒が好きだということですが、お酒には様々な種類があります。
ですので、普段から二人の子のみのお酒を調査しておくことが大切です。
飲めれば何でもいいという人もいますし、炭酸系は控えたい人もいます。
さらに実家の父については芋焼酎が苦手ですので控えるようにしますが、婚家の父は焼酎飲み比べセットなどが好きですので積極的にいろいろな焼酎を贈るようにしています。
また、二人とも定年しているような都市ですので、いろいろと体に不調をきたすときがあります。
一時的にお医者様にお酒を止められてしまう時もありますので、普段からコミュニケーションをとるようにし、お酒など止められていないかを父の日の前には何気なくチェックするようにしています。
もし、お酒が止められている場合はお酒はその年は控え、ご飯のお供になるような佃煮セットなど、父が好きで母の料理が楽になるようなものを選んだりしています。
また、ハンカチや?。に使えるもののセットを贈ることもあります。
婚家の父はゴルフが好きなのでゴルフウェアのセット、実家の父は文房具類が好きなので珍しい文房具のセットを選ぶこともあります。
体調が許せばやはりお酒を贈ることが多いですが、お酒の中でもいろいろと工夫された品を選ぶようにしています。
先述した飲み比べセットでは、地ビールの飲み比べセット、日本酒の飲み比べセットなど様々な商品が展開されているので楽しそうなものを選びます。
お酒だけでなく、ぐいのみやおしゃれなグラスがセットでついているものも選んだことがあります。
またボトルに父親の名前を彫ってくれるサービスもあり、それを利用した時にはとても喜ばれました。
毎年マンネリにならないようにするのは大変ですが、工夫しておもしろいものを選ぶようにしています。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 感謝の気持ち.com All Rights Reserved.