父の日画像

義父へ父の日のプレゼント。実父への思い。

6月16日は父の日でした。
私には義理の父がいます。
母の再婚相手です。
父といっても若い人なので、お兄さんといった感じです。
義父は水回りの修理の仕事をしており、その日は私のトイレの修理をしてもらうことになりました。
水を流すときのレバーが外れてしまったのですが、義父はいともたやすく直してくれました。
トイレタンクの中がカビで汚れており、掃除もしてくれました。
「おいくらですか」と私が聞くと、「ただでいいよ、部品も使わなかったから」と言ってくれました。
私はそう言うだろうと思ってあらかじめプレゼントを買っておきました。
そう、父の日のプレゼントです。
朝早くダイエーに行き、ハンカチを2枚買いました。
ダイエーの店員さんは黄色いバラを付けてくれました。
そしてそのハンカチを義父に渡しました。
「ありがとう〜」と喜んでくれました。
実は初めての父の日のプレゼントでした。
再婚してから20数年来、私は義父を父とは認めていませんでした。
やっと彼を父と認めることができました。
自分は成長したのだと思います。
実の父は行方不明で音信不通でした。
親戚に言っても消息を教えてくれませんでした。
戸籍を調べた結果、わかったことは実父が離婚してからすぐに再婚していることと、まだ生きていることでした。
私は実父に思いを馳せました。
しかしすぐには忘れようとしました。
親不孝なのでしょうか。
でも生きていてよかったと思います。
再婚もしていてひっそりと幸せに暮らしているのだろうか、老後はどうするのだろうかと心配になりました。
死に目に会えないかも・・・。
でも今のところどうすることもできないです。
最後に実父と会ってから20年くらい経っています。
再会しても父の面影はないかもしれませんね。
かなりイケメンだったのですが・・・。
とにかく実父には父の日には何もしてあげられませんでした。
ずっと胸に封印していた寂しい気持ちを、今回の父の日のことで思い出しています。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 感謝の気持ち.com All Rights Reserved.