父の日画像

百貨店で購入する父の日のお酒の特徴と我が家の父の日の慣習

父は自他ともに認める酒豪です。
飲むお酒の種類はビール、ワイン、ウイスキー、日本酒、焼酎と多種にわたります。
本人はお酒の味は分からないと言いながら、美味しいものに出会うと自慢話のように語る人です。
現在では氷点下で飲むビールが美味しい店舗があるようで、家から近くて飲める場所をネットで探して欲しいと言われたこともあります。
お酒が大好きな父のために我が家では父の日は全国でもなかなか手に入れることができないものをプレゼントすることにしています。
ネットが普及した現在も百貨店に赴いて珍しくてなかなか手に入れることができない商品を父の日には探しています。
ネットが普及した現在も百貨店にわざわざ購入しに行く理由はそこにマイスターがいるからです。
珍しくて手に入りにくい商品ならネットで購入することもできますが、やはり美味しいという条件と父の口に合うということが購入の第一条件だからです。
父の好みは辛口が基本でワインの場合はそれに渋みも若干加わり、フルーティな飲みやすいものは好みではありません。
私はお酒が飲めないので珍しいものは分かりますが、辛口で美味しいものを選ぶことができません。
そこで味にも品種にも詳しいマイスターに一緒に探してもらうことにしています。
そうすることで普段では口にすることができないようなものをプレゼントすることができます。
そして父にも喜んでもらえ、美味しいと言ってもらえるのが私の父の日の楽しみでもあります。
特に父は気に入った時は枕元に置いて寝るような分かりやすい性格をした人でもあります。
枕元に置いて眠っている姿を見た時にはこちらまで嬉しくなり、父の日のプレゼントを続けようと思える瞬間でもあります。
また百貨店で購入するもう一つの理由は父の日用の包装をしてくれることです。
ネットで購入しても包装はしてくれるようですが、やはり百貨店の特別な日の丁寧さにはかなわないと思っています。
我が家では父の日には毎年全国でも珍しいお酒をプレゼントしているのが習慣です。
そして父は毎年それを楽しみに待っています。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 感謝の気持ち.com All Rights Reserved.