父の日画像

父の日のサプライズパーティーについて

私には、今年還暦を迎える父がいます。
父は、製造職の管理職を任されていト、部下からも慕われる存在だと、同僚の方から良く聞くことがあります。
管理職ということで部下に仕事を教えたり、仕事の効率のことを考えたり、日々の仕事はやることがいっぱいで、本当に大変な思いで仕事をしていたと思います。
高校卒業後18歳という若さで就職し、42年間仕事を退職せずに勤めあげて、今年の誕生日の7月に定年を迎えます。
21歳という若さで父親となり、私を無事大学まで卒業させてくれました。
私も家庭を持ち、現在中学生の子供が1人いますが、子供を大きく育てることは本当に大変な思いだったと思います。
父が一生懸命仕事をしていてくれたからこそ、今の私があります。
私も結婚し子供が生まれたことで、父の大変さが本当に心から理解できるようになりました。
感謝し尊敬する父に、還暦を迎える祝いと一緒に、父の日にサプライズパーティーをすることにしました。
今までは父の日と言えば、父の好きそうな物を送るだけでしたが、還暦を迎える今年の父の日は、過去の父の日とは全く違う感じがしました。
父にサプライズパーティーのことを知られてしまうことがあれば、サプライズではなくなるので、父が知らないところで計画をスタートしました。
実家近くのホテルの宴会場をかりることにし、協力者の母と私の妹とで、綿密に当日の打ち合わせをしました。
父に知られてはいけないと、ドキドキした日々を送っていましたが、父の日まで父にはばれることなく、打ち合わせをすることができました。
サプライズパーティーの当日、父の友人や趣味仲間まで父のことを思い、参加してくれることになりました。
父の登場とともに参加者全員で、クラッカーを鳴らしました。
クラッカーの音に父は非常にびっくりしましたが、宴会場の様子を見て、サプライズパーティーとすぐに気付いたようでした。
父は涙目になり、私たち全員に、ありがとうという言葉を言ってくれました。
パーティーは無事盛り上がることができました。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 感謝の気持ち.com All Rights Reserved.