父の日画像

父の日のプレゼントは何が喜ばれるのか

父の日のプレゼント、毎年悩みます。
母の日のプレゼントは同性という事もありなんとなく決めやすいものですが、父の日のプレゼントは異性であり、親子という年齢差でもう何をあげていいのか分からなくなります。
食べ物やお酒などの飲料でも良いとは思うのですが、なるべくなら後に残るものがいいのではと思うのです。
今回は今までで贈って喜ばれたものを思い出しながら書いていこうと思います。
まずは去年、ブランド物のハンカチを贈りました。
私の父は几帳面でキレイ好きなのでハンカチをいつも持ち歩いています。
定年退職するまではネクタイの収集が趣味だったので、それまではネクタイを贈った年もあったのですが去年はリタイアしていたのでハンカチにしたのです。
するとハンカチは使うわりに、あまり自分で買ったりしていなかったようで思いのほか喜んでくれたのです。
こういうハンカチがちょうど欲しかったんだよと言ってもらえました。
やはり実用的なモノの方が喜ばれる率は高いようです。
ですがあまりチープすぎても消耗品(ノーブランドの量産品など)は特別感が少ないのでそういった物は普段なんでもない時にさりげなくあげるのが良いでしょう。
もらう側としては自分の好みを把握してもらえているだけでも嬉しいと思うので、一生懸命選んだのが分かるような物を選ぶことが大切かもしれません。
私は娘なので父親としては特別な存在なのが分かるので、父の日は毎年意識して物を贈っています。
なんでもない時にも色々買ったりもするのですが、改まって何かを贈ると私の株も上がるので父の日は大切なイベントです。
ここ数年ではハンカチがヒットでしたが、数年前に作った手作りケーキも好評でした。
毎年誕生日にはケーキを焼きますが、父の日おめでとうと書いてあるケーキもまた嬉しい贈り物のようでした。
私が小さい頃は毎年誕生日と父の日にはケーキプラスカードを書いて贈っていたのですが、それも涙ぐむくらい喜んでもらえていました。
どうやら手作りや手書きが嬉しいようです。
私は父とは一緒に暮らしていなかったので(当時は別居、今は母とは離別しています。
)イベント毎に色々贈っていました。
逆に父からも特別な日もそうでない日も会う時はいつもおみやげをもらっていました。
月に一度しか会えなかったので会う度に何かを贈ったり、贈られたりしていました。
それでマンネリになった時もありましたが、今になって思うとそういった心遣いがあったからこそ、今でも仲良く居られるのだなと思います。
私は父を一緒に住んでいなかったのであまり父に対して反抗期はなかったのですが、今反抗期だったりする人がいても父の日だけはお父さんを敬ってあげて欲しいです。
色々な親子関係や家庭環境があるとは思いますが、一貫して言える事は子供からのプレゼントを喜ばない親はいないのだという事です。
私も親になり、無償の愛をようやく理解する事が出来るようになり思うのですが子供が親を想ってくれる心が何よりのプレゼントだと感じるのです。
親を敬い、大切に接する姿を見ると子供の優しさや思いやりを感じる事が出来ます。
もしかしたら特別なプレゼントよりも、目を見ていつもありがとうと真剣に言う事が一番嬉しいことかもしれません。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 感謝の気持ち.com All Rights Reserved.