父の日画像

父の日にして喜ばれたプレゼントや出来事

6月の第3日曜日は父の日です。
母の日と比べると、ややインパクトが弱い父の日ですが、日頃思っていても中々言葉や態度にあらわすことの出来ない父親への感謝を伝えるには絶好の機会だと思います。
ただ、やはり父の日に贈るプレゼントは母の日に贈るプレゼントよりも選択に悩む人も多いのではないでしょうか。
私が今までに贈ったり計画して喜ばれた父の日のプレゼントや過ごし方について紹介したいと思います。
まず、仕事で使用するものは意外性はないかもしれませんが、実用的で使う機会も多いので、せっかくプレゼントしたのに、使ってくれないという事は避ける事が出来ます。
ネクタイや、靴、ビジネス鞄など仕事に合わせて選ぶ品物も変わってきます。
私の父は、毎日スーツを着用する仕事に就いていたので、父に似合いそうなネクタイやベルト、それに腕時計などをプレゼントした経験があります。
ネクタイやベルトは、何本あっても困るものではありませんし、普段は自分で選ぶことのないデザインなどは喜んで貰えました。
また、腕時計は仕事でもプライベートでも使用する事が出来るので、実用的な上に毎日身に付けておけるので、父も嬉しそうでした。
このような仕事で使えるものの他には、お酒なども喜ばれるもののひとつです。
とくにお勧めなのが、父の名前や写真入りのお酒です。
ネットなどで、簡単に注文する事が出来ますし、特別感をだすことが出来ます。
父も飲み終わってしまって空になった後のお酒の瓶をいつまでも大切に飾っておいてくれています。
普通は、ただのゴミになってしまう瓶でも写真や名前を入れるだけで、ぐっと思い出に残りますよ。
物以外なら一緒に旅行へ行ったり、映画を観に行ったり、父と一緒に過ごす時間をもうけることもあります。
そうした時間は形には残りませんが、良い思い出として心に残すことが出来ます。
た、父のために何かをしてあげるというのも喜ばれることです。
子供の頃は、肩を叩いたりということでもすごく喜んで貰えた経験があります。
大人になってからは、父親をふくめ家族と過ごす時間は少なくなりますから一緒に旅行へ行くのは良い思い出作りのひとつになりました。
他にも、夕食を手作りで振る舞ったりするだけでも喜んでくれるものです。
父の好きなものを作って、一緒に夕食を囲むのも父の日の良い思い出になりますよ。
普段は、時間もあわず夕食を食べるのもバラバラだったり、もくもくと食べるだけだったりしますが、こういった料理を一緒に食べる時は不思議と会話も弾むものです。
もしかしたら、本当は特別美味しい訳ではなかったのかもしれません。
だけど美味しそうな顔をして、いつもはしないおかわりまでしてくれると、こちらも嬉しくなるものです。
父の日は、日頃の父親の労を労って感謝をあらわす日でもありますが、このように父との仲を深めることの出来る日でもあると思います。
母親よりも普段は接する機会の少ない父親ですから、このようにしてコミュニケーションをはかれるという事は良いことですね。
きっと父も、何かをプレゼントしてもらったり、何かをしてもらったりということではなく、その気持ちが嬉しいのでしょう。
これからも、父の日にはこうして父に日頃は伝えられない感謝の気持ちを伝えていけたら良いと思います。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 感謝の気持ち.com All Rights Reserved.