父の日画像

父の日に愛する父のメッセージを憶う

毎年、父の日には愛する父からのメッセージを思い出して偲んでいます。
決して悲しい気持ちでは無く、父の生きた素晴らしい日々を思い出しています。
父が永眠して12年が過ぎました。
元気な頃は毎年、父の日を祝ってプレゼントや食事、共に笑って過ごす時間を共有した事が、心に残っています。
私の場合、幼い頃、両親の離婚で父と祖母に育てられています。
父は何時も幼い私に色々な本を読んで聴かせてくれました。
音楽家の父は自由な時間を私の教育の為に費やした大切な人だと考えています。
家庭環境が一般的な環境と異なっていますが、大きな愛情を持って接してくれた事を誇りに感じています。
母の日を非常に大切にする方が多いのですが、父に育てられた私に取って、父の日が重要な日になっています。
この日、父は非常に照れくさそうに、微笑んでいますが、本音はとっても喜んでいるのだと、感じています。
父が私に教えてくれた人生に対しての考え方は、父の素晴らしいメッセージとして、私の心の中で生き続けています。
両親が揃っていない家庭は世の中に多く存在していると考えています。
決して不幸な事だと考えた事はありません。
大きな愛情をかけられて、育った事を何時も感謝しています。
世の中にパーフェクトな人間は存在していないと思います。
誰でも長所と短所があり、長所を伸ばし短所は如何にして良い方向に変えるべきか、考えていると思います。
その意味でも父が何時も私に語ってくれた事は、人生を明るく生きる為に非常に役に立つ事だと深く感じる事が出来ます。
ポジティブな思考を持つ事の重要さです。
父のメッセージの中で、人は食べる物で決して、生きていない、と言う言葉を思い出す事が多いです。
毎日、健康で過ごす為のエネルギーとして食べる物は必要不可欠です。
でも人が生きて行く上で重要な事は、自分が何をするべきか、常に考える事だと父が話していました。
何かが欲しい場合は、何の為に欲しいか、考えて答えを見つけられる力を持つ事が重要だと父から聴いています。
1日1日を大切にして悔いの無い日々と、毎日自分の身の上におこる事を、楽しむ様にと言われています。
良い事も悪い事も、全て意味が合って身の上に起きている事を考える様にも、言われました。
父の日は、私に取って非常に深い意味があります。
今でも父の日には父の写真を見ながら、大好きだった食べ物や父の好きな歌、ピアノを弾いて過ごす事が多いです。
父の日に限らず、夜星を眺める時に、父が生前に話していた星になって見守っていると言われた事を、思い出して、毎日、星を眺めています。
自分が今、ここに生きて人生を旅している様な感じですが、父の言葉通り、全てに意味が合って生きているのだと考えています。
決して後悔しない日々を進んで行きたいと思います。
父に育てられた事にも大きな意味があると考えています。
色々な人達に常に相談され、何時も笑って人と接し、問題を解決する知恵を皆さんに話していました。
父の日には父親の事を深く考えて頂きたいと思います。
言葉が少なかったり、表現が下手な男性も多いと思いますが、心の中を少し覗いてみる事も必要な事だと感じています。
父親は静かに子供達を見つめていると思います。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 感謝の気持ち.com All Rights Reserved.