父の日画像

毎年苦労する、父の日のプレゼント

我が家には、父の日や母の日に、プレゼントを贈る習慣はありませんでした。
何が、特別なご馳走を食べる事も無く、いつもと同じ日曜日を送っていました。
父の日や母の日を、意識してプレゼントを贈るようになったのは、結婚が切っ掛けです。
夫と私、どちらが言い出したのかは、覚えていません。
郵便ポストに入っていた、母の日のプレゼント特集のチラシが、一番最初の切っ掛けだったように思います。
カーネーションや、薔薇の花の写真が並んだ母の日のチラシは、とても華やかで、プレゼントを贈る方も、なんだかウキウキしてくるようでした。
一番最初に送ったのは、カーネーションの鉢植えだったと思います。
切り花では、すぐにダメになってしまうので、少しでも長く楽しめるようにと、カーネーションの鉢植えを、夫の母と私の母に贈りました。
義母も実母も、花が好きなので、カーネーションの鉢植えをとても喜んでくれました。
母の日のプレゼントをして、本当に良かったと感じました。
ちょうど、母の日の頃、父の日用のチラシがポストに届きました。
母の日用のチラシは、色とりどりの花の写真が一杯で、とても華やかなものでしたが、父の日のチラシは、とても地味に感じました。
もちろん、花の写真もありましたが、カーネーションや薔薇の様に、鮮やかな色ではなく、白や黄色の花、または観葉植物の鉢植えなど、なんとも地味な色の鉢植えが並んでいました。
また、男性向けのプレゼントということで、お酒の肴になる魚の干物の写真など、美味しそうではありましたが、ずいぶんと地味な感じがしました。
母の日にプレゼントを贈り、とても喜んで貰えたので、やはり父の日にもプレゼントを贈りたいと考えましたが、母の日に比べると、あまり定着していないのか、ポストに届くチラシの枚数もとても少ないものでした。
そこで、大型スーパーなどや郵便局など、チラシを置いていそうな所を巡り、チラシを集めましたが、なかなか集まらず、また集まったチラシに掲載されている物も、観葉植物の鉢植え、魚の干物、そして季節柄か、緑茶の写真ばかりでした。
悩んだ末、何を贈ったのか、今では思い出せません。
それから毎年、母の日は比較的、楽にプレゼントが決まるのに、父の日はなかなかこれだと思うプレゼントが見つからないという事が続きました。
一時期、ペアになっているプレゼントを贈ったことがあります。
母の日に、赤いカーネーションの鉢植えとご飯茶碗、その一月後には、観葉植物の鉢植えと、母の日のご飯茶碗とペアになる茶碗が贈られます。
母の日の1ヶ月後に、「これは、夫婦茶碗だったんだ」と分かる仕組みです。
夫婦茶碗、湯飲み、ペアの洋皿など、何回かこのプレゼントを贈りました。
母の日に、プレゼントを選べば、その1ヶ月後は、自動的にプレゼントを送って貰えるので、選ぶ手間が一度で済みます。
初めは、このプレゼントも喜ばれましたが、何度か続ける内に、同じような食器が重なるようになりました。
また両親が高齢になるにつれ、最初に届いたプレゼントの事をすっかり忘れてしまい、1ヶ月後に片割れの食器が届くと、先の分を受け取っていないと言い出し、騒ぎになる事も増えてきたので、ペアのプレゼントも贈らなくなりました。
母の日は、毎年のように、新種のカーネーションや目新しい鉢植えが登場しますが、父の日は、なかなか新しい物がみつけられず、毎年プレゼント探しに苦労しています。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 感謝の気持ち.com All Rights Reserved.