父の日画像

ものよりサービス?

思いやりや感謝の気持ちなどはたまに「プライスレス」という言葉で表現されることがありますが、父の日のプレゼントについても、物ではなく気持ちを重視するお父さんが多いようです。

子供時代に贈ったことがある方も実際肩たたき券に喜ぶお父さんは多いですが、子供のさりげない真心が感じられるだけでもお父さんの心は喜びで一杯になるものです。子供がお父さんの健康を気遣って肩を叩くというサービスはお金で買えないものですし、思いやりの心がなければ実現できません。

お父さんは案外、そうした家族の心の触れ合いができるような時間を持ちたいと思っていたりするのです。私たちは父の日に何を贈ろうか、どんな花を買おうかなどといってつい「形」にとらわれすぎてしまいますが、お父さんと一緒にどこかへ出かけるとか、一緒に食事をするだけでも十分に親孝行は出来ているのです。

成人していても父の日には肩たたき券を贈ってあげる、という方もいらっしゃいますが、子供から肩を叩いてもらうことほど親にとって嬉しいものはないと思います。

まして、大人になって仕事をバリバリこなしていたり、家庭を持っているならばなおさら感慨深いものになるでしょう。父親と疎遠になっている方もいらっしゃるかとは思いますが、こうした触れ合いというのは早々体験できるものではなく、まさにプライスレスといえます。

欧米や中東地域などのように、親子が抱きしめあう、ハグをするなどの文化は日本にはありません。握手もそれほど頻繁にはしないので、日本人である私たちが自然に親に触れる、子に触れる機会というのは比較的少ないように思います。

なので、肩たたきのような直接的なコミュニケーションはきっとお父さんにとって一生の思い出になるはずです。もちろん、会話だけ、または一緒に食事をするだけでも家族がみんな同じ時間を共有しますから、お父さんは家族を持って良かったなと心から安心できるのです。

次の父の日にはぜひ、そうしたお父さんの「想い」についても目を向けてあげて、サービスを考えてみてはいかがでしょうか。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 感謝の気持ち.com All Rights Reserved.