父の日画像

メッセージカードを贈る

父の日といえば、アメリカで生まれたとされるお父さんに感謝の気持ちを伝える日のことですね。日本では「ネクタイを贈る日」「肩たたき券」などのイメージが定着しつつあるようにも思えますが、本場アメリカでは感謝のメッセージを書いたカードを渡すのが一般的であるようです。

カードを贈ろう

メッセージカードは、父の日に合わせて文具店や書店などに売られていたり、あるいはパソコンから無料のグリーティング用テンプレートをダウンロードして使っても良いかと思います。お父さんのために、マスキングテープやシール、スタンプなどを使って自分で手書きのメッセージカードを作るというのも良いですね。

メッセージカードの文章

カードを作るとなると、ちょっと悩むのが文章の内容です。「ありがとう」だけではちょっと物足りないし、アメリカ式に「お父さんを愛しています」と言うのもストレートすぎる気がして、ちょっと恥ずかしいですよね。
父の日のメッセージに使う定型文はインターネット上にいくつも載っていますから、それらを参考にしたり組み合わせたりするのも良いと思います。

また、お父さんとは身内の間柄ですから、堅苦しい文章にする必要はありません。「お正月に実家に帰ります!」「父の日に乾杯!」など、先の楽しみを連想させるような台詞を入れ込んでも良いでしょう。ちょっと雰囲気を出したい時は英語と一部組み合わせたり、写真や画像をカードに入れてみるのも良いかもしれません。自分らしさが出るような工夫をしてあげれば、とても感動的なメッセージカードになるはずです。

カードのレイアウト

オリジナルのカードを作りたいけれどイメージが湧かないという方は、カードの画像を検索してみると色々なテイストのレイアウトが参考にできます。キャラクターが入った可愛いものから筆文字タイプの本格的なタイプまで揃っていますから、お父さんが喜びそうなカード作りにきっと役立つはずです。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 感謝の気持ち.com All Rights Reserved.