父の日画像

父の日のお花

母の日といえばカーネーションが有名ですが、父の日の花といえば「バラ」であることはご存じでしょうか。これは、父の日を定めるきっかけを作った、アメリカの「ドット婦人」が、父親の墓前に供えたバラが元となっています。また、父親が健在である場合は赤いバラを、既に亡くなっている場合は白いバラを贈ることになっています。

しかし、父の日の花については明確な規定というものはありません。お父さんが欲しい花を贈っても良いですし、アメリカで始まった「黄色いリボンをかける」風習にのっとって、黄色い花を贈っても良いことになっています。

日本で人気のある父の日の花としては、やはり一番はバラが圧倒的。バラは香りもよく、見た目にもゴージャスな雰囲気がありますから、贈り物には最適です。色については贈る相手が男性ですから、ピンクよりも赤の方が人気があるようです。また、無病息災を願う黄色いリボンの習慣を踏襲して黄色いバラも人気があるそうです。

また、バラ以外では初夏の花としてヒマワリも人気です。「花」という堅苦しいイメージを感じさせず、また黄色を含んでいる花なので気軽な気持ちで贈りたいお花です。その他には、意外に好きな人が多い盆栽や鉢植え、あるいは観葉植物などを贈ってお父さん自身が手入れをして楽しむというパターンも多くみられます。

特に退職後のお父さんのなかには何か身近に趣味を持ちたいと思っている人も多いので、鉢植えや盆栽などは自分の子供や友達のような気分で手入れができ、貰ってうれしい、育ててうれしい贈り物です。

とはいえ、お父さんに花をプレゼントする時は真心が一番。「今日は父の日だから花が必要だと思って買ってきた」と無造作に贈るのではなく、心を込めて「いつもどうもありがとう、感謝の気持ちを花に込めました」と愛を持ってプレゼントしてあげましょう。

お父さんの好きな花を知っているなら、バラや黄色い色など習慣にこだわるのではなく、好みを優先させてあげる方が良いかもしれませんね。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 感謝の気持ち.com All Rights Reserved.