父の日画像

お祝いの方法

一年に一度訪れる、父親や夫に感謝する「父の日」。厳密にいえば夫ではなく実父や養父に感謝する日ですが、お祝いの方法に決まりはあるのでしょうか?

母の日の花といえばカーネーションですが、父の日の花は何かと聞かれてぱっと思いつく人あまり認知されていないように思います。実は父の日の発祥地であるアメリカでは「バラ」の花を贈るものと決められており、世界的にもバラの花でだんだんと統一されてきています。赤い色のバラは生きているお父さんに、白い色のバラは亡くなったお父さんに捧げられることになっています。

また、父の日にはメッセージカードとプレゼントも定番です。日本ではカードをあげることもあれば省く場合もありますが、世界的にはお父さんに愛のメッセージ、感謝の言葉などはメッセージカードにのせて贈るのだそうです。

日本ではネクタイやお酒のプレゼントが喜ばれますが、本場アメリカでは無病息災を祈る色とされる黄色を使ったハンカチやシャツをプレゼントします。

黄色が人の無事を祈る色という概念は元々イギリスから渡って来た考え方だそうですが、日本でもバラの代わりに黄色いひまわりをプレゼントするなど、段々と黄色が父の日の色だということが認知されつつあるように思います。

とはいえ、世界各国父の日は統一されているわけではなく、きわめて自由度の高いイベントであるといえます。山形県の寒河江(さがえ)市では条例によって父の日を「さくらんぼの日」と制定しましたが、寒河江市がさくらんぼの産地であることから、父の日にはネクタイやお酒ではなくさくらんぼを贈って欲しいという目的があるようです。似たところではモンブランの日なども父の日と同じ日に制定されています。

自由度の高いイベントですから、習慣に従って赤いバラに黄色いリボンをかけて贈っても良いですし、お父さんの好きなものをプレゼントしてあげても良いでしょう。何より大切なことは、感謝の気持ちをしっかり伝えるというところにあります。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 感謝の気持ち.com All Rights Reserved.