父の日画像

父の日とは

一年に一度お父さんに感謝の気持ちを表す「父の日(ちちのひ)」は、日本では毎年6月の第3日曜日に行われると決められています。特定の日付があるわけではないので、「今年の父の日っていつだっけ?」と分からなくなってしまうのですが、海外では決められた日に行われる場合もあれば、父の日ではなく国王を祝う日がすなわち「父の日」と定められている場合もあります。

父の日の起源は、1909年にアメリカのワシントン州に住むドッドさんという女性が、男手一つで彼女を育ててくれた父親への感謝を表すため、教会に礼拝をお願いしたことがきっかけで誕生しました。ドッドさんのお父さんが6月生まれで、その日に礼拝をしてもらったため「6月の第3週」となりました。

その頃から既に母の日は存在していたようですが、父の日はまだなかったのでドッドさんは「父の日も作るべきだ」と訴えかけたのです。そこで、当時のアメリカ合衆国大統領ウッドロー・ウィルソンがワシントン州を訪れ、父の日に関する演説を行いました。教会に訴えてから7年後の、1916年のことです。

さらに時は過ぎて1966年、時のアメリカ大統領リンドン・ジョンソンは、父の日について正式に大統領告示を発し、ようやく父の日が公式のものとなりました。

父の日は文字通りお父さん(現代では配偶者も含む)への感謝を示すものです。特に「父親にプレゼントを贈る」とか「肩たたき券を贈る」などの特定の決まりはなく、しいていえば母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花は「バラ」であるということが決められているそうです。

それにしても、父の日はまだまだ一般的に定着してはいないようです。「母の日の花」と聞けばだれでもすぐにカーネーションを思い出しますが、父の日の花というのはなかなかイメージしづらいところがありますね。ちなみに、父親がまだ健在の場合は赤いバラを贈り、亡くなっている場合は白いバラを贈るものとされているようです。

SITE MENU

Copyright(C) 2010 感謝の気持ち.com All Rights Reserved.